ブログ

不倫には必ずきっかけがあるものだ

きっかけ

不倫なんて絶対にしないと思っていても、いつの間にか既婚者を好きになって不倫関係に発展したりします。ただ、本当に不倫をしないと断言することはできないです。

そういうきっかけがあれば不倫に至る可能性というのは誰にでもあります。

パートナーに対する不満が潜んでいる

不倫をしようと積極的に愛人を探すというわけではなく、まずはパートナーに対する気持ちがだんだん薄れていくところから始めります。

なぜパートナーに対する気持ちが薄れるかというと何らかの不満があるからです。

不満の一つとしてセックスレスが続いているとか、束縛が激しくなったり、わがままになったり、態度が冷たくなったり、スタイルが崩れてきたりなどがあります。

こういう不満があるだけでは不倫をしようということはありません。

タイプの異性が現れるようになった

パートナーに対する興味が薄れてくると、周りの異性が素敵に見えてしまいます。その際にタイプの異性が現れるようになると、簡単にコロッと行くことになります。

こういうキッカケがあって不倫が始まってしまいます。

他の異性を求めるようになった

いざ不倫をするとなると知っている異性ではばれる可能性がありますので、知らない異性を求めるようにしたほうが良かったりします。

出会い系サイトや不倫募集サイトなどで探したりすると自分たちのニーズに合った相手を探せます。こういうところからも不倫が始まっていきます。

きっかけはあくまで未来の話

いつ不倫のきっかけがあるかというのは未来の話なので何とも言えません。パートナーに対する不満がきっかけとなって、不倫相手にふさわしい相手が現れることによって不倫に走ってしまいます。

不倫に走らないためにもキッカケには十分に注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です